献花

用語を保存しました

献花の意味(献花とは)

献花とは、葬儀で霊前や神前に花を供えることをいいます。キリスト教や無宗教の葬儀で行われることが多いです。

仏式でいうと焼香にあたり、神式でいうと玉串奉奠(たまぐしほうてん)にあたる儀式で、参列者が一人づつ花を供えていきます。

献花の作法としては、まずは遺族に一礼し、花が右側を向くように受け取ります。その後、遺影に向かって一礼をし、両手で花を捧げた後、後ろに下がって一礼をします。

献花に用いられる花は、一般的には、菊やカーネーションなど白やパステルカラーの淡い色で茎の長い生花が用いられる場合が多いですが、故人の好きだった花や色花を用いることもみられるようになっています。

献花用の花の例。
お好きだった色のカーネーションを準備した例です。

献花の実際

キリスト教葬儀では一般的に見られる献花ですが、最近では日本でも無宗教が増えているため献花を行う場合も多く、慰霊祭やホテルでの葬儀で献花が見られることがあります。

参列者は一輪づつ花を持ち、式場の遺影の前のテーブルに花を置くか、ふたが開いたの中に花を入れる場合もあり、葬儀の中で両方を行う事もあります。

献花として用いられる花の多くはカーネーションなどですが、故人が好んだ花などの要望があり、季節的に揃うことができる花であれば用意をしてもらえる可能性がありますので、葬儀を依頼する葬儀社に確認してみることがよろしいでしょう。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend