お花料

  • 読み:おはなりょう
  • 別名:御花料, 御偲料, 御ミサ料

お花料の意味(お花料とは)

お花料とは、キリスト教通夜告別式、法要の際に、弔慰金の表書きに使う言葉です。

福音派では御霊前という言葉は使いませんので注意が必要です。

香典袋は無地を使うか、ユリの花や十字架などの絵が入った、キリスト教式のものを用い、水引はかけないことがよろしいでしょう。

お花料の実際

キリスト教葬儀では、本来は金品を贈る習慣はありません。お花料は日本国内の習慣に従って行われるようになったものです。そのため、香典返しという概念もありません。

香典返しに代えて、没1ケ月後の昇天記念日を前後して、挨拶状と香典返しに当たる品物が贈られることが多いでしょう。

クリスチャンが仏式などの葬儀に出席するときに、「葬儀代」「御花料」などのキリスト教式の上書きのお香典を持参する事が多いのは、偶像崇拝を否定している教義のためです。

教会で行われる葬儀においては、献金箱を設けることなどもあります。主催者側の意向によってはお花料を受け取らないこともあるでしょう。

献花も日本の風習にあわせて行われるようになったもので、本来のキリスト教の葬儀にはなく、日本に独特の習慣です。

お花料に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。