福音

  • 読み:ふくいん
  • 別名:ゴスペル

福音の意味(福音とは)

福音とは、福音書に記されているキリストの生涯や教えのことを表す言葉です。キリストの十字架での死と復活により啓示された救いが教えとなります。

福音にはまた、喜ばしい知らせという意味があります。

英語では gospel となり、神の救いの物語から来た言葉であることがわかります。

福音の実際

キリストの死後、使徒が布教を始める際に「キリストの十字架刑と復活をもって神の国が到来した」というメッセージを福音として、いくつかの福音書を出版しました。

そのうち4冊に関しては正典となり、新約聖書に受け入れられています。

ルター派に代表される福音派とは別に、ファンダメンタリストなどの超保守的な「福音派キリスト教」があり、聖書信仰を行うことで知られています。

アメリカに顕著で、教派はなく、全プロテスタントに見られる信仰の流れを指す言葉です。

霊的に目覚め、自覚的にクリスチャンになり、聖書の言葉を神の言葉として、厳格に信仰するのが特徴と言われています。

創造説を主張し、個人の魂の救済を求め、伝道に熱心な反面、反リベラル的視野から政治的目的をもって宗教復興活動を行うことでも知られています。

関連する用語:牧師 宣教師 洗礼 ファンダメンタリスト ボーンアゲインクリスチャン 進化論 キリスト教 カトリック プロテスタント 神父 献花 賛美歌 冥福 礼拝 十字架 聖書 新約聖書 旧約聖書 モーセ五書 サクラメント

福音に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。