牧師

  • 読み:ぼくし
  • 別名:福音師、先生

牧師の意味(牧師とは)

牧師とは、プロテスタントの聖職者のことです。

カトリックとは違い、牧師は一人の信徒として、一般信徒と同じ立場をとります。按手礼を受けて聖職につきます。

牧師という言葉は、羊飼いという意味で、キリスト自らが、自分を羊飼いになぞらえたことから来た言葉と言われています。万人司祭とも言われます。

牧師は礼拝をおこなうのも重要な仕事です。カトリックのミサが儀式を中心にしたものなのに対し、プロテスタントの礼拝は、説教がメインになります。

一般的に、牧師は牧師から推薦を受け、神学校で学んで牧師になります。

牧師は結婚を許されているので、妻帯者もいます。また女性の牧師も存在します。

牧師の実際

キリスト教徒ではないカップルが、形だけあげるキリスト教式の結婚式も日本では多くみられますが、結婚式場に付属する教会では、牧師の資格のない人でも、キリスト教式の結婚式を司ることが多いといわれています。

牧師の資格がなければ、結婚式の場に立ち会えないわけではありません。

牧師に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。