エンディングパーク

宣教師

  • 読み:せんきょうし
  • 別名:伝道者、ミッショナリー

宣教師の意味(宣教師とは)

宣教師とは、キリスト教を布教する目的で異教国へ派遣される伝道者を指していう言葉です。現代においては、一般的に新しい教えを普及する人としても使われている言葉です。

司祭にかかわらず、一般信者も宣教団体などを通じて、布教に派遣されることがあります。また教会や団体を通さず、自分の意思だけで異国への布教活動へ赴く人もいます。

派遣先では、布教活動に伴い、教育、社会福祉事業も行います。

日本では、スペイン人の宣教師フランシスコ・ザビエルが布教を始めました。ザビエルはイエズス会の創立メンバーでインドで布教活動を行った後、日本に来日、2年で日本を離れ、その後は中国での布教を目指しました。

日本国内ではその後も、ポルトガル人ビエラ、フロイス、イタリア人オルガンティーノなどが積極的に布教活動を行いました。

宣教師の実際

キリスト教では宣教を、対象になる土地の文化や思想に適合した形で伝えるべきことと定義しています。

宣教師がキリスト教をもたらすと同時に、派遣された非キリスト教圏には、経済的な発展や、教育水準、医療衛生水準の向上ももたらされた例が多くあります。

関連する用語:バテレン, テレヴァンジェリスト, 福音, キリスト教, カトリック, プロテスタント, 神父, 牧師, 献花, 賛美歌, 冥福, 礼拝, 十字架, 聖書, 洗礼, ミサ, 前夜祭, レクイエム, ロザリオ, ゴスペル, 昇天記念日, イコン, サクラメント
タグ:キリスト教 , クリスチャン , 中国 , 日本 , インド

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集