説教

  • 読み:せっきょう
  • 別名:説経

説教の意味(説教とは)

キリスト教説教は、牧師や伝道者が教義や教典を口頭で説き明かすことを言います。

説教をするには、聖書の心理をひとつの主題に基づいてメッセージとして伝える必要があります。

プロテスタント教会では、説教を通して布教活動を行います。

古代キリスト教会では、礼拝で聖書を朗読し、聖書の意味を人々に説教することが重要とされてきました。

その後カトリック教会や東方正教会では説教の重要性が薄れていきました。

説教の大切さを強調したのは、宗教改革からです。

説教の実際

イエス・キリストの有名な説教は「山上の垂訓」です。

イエス・キリストが山上で弟子や群集に語ったといわれる説教です。

汝の敵を愛せよ
叩けよ、さらば開かれん
狭き門より入れ
右の頬を打たれれば、左も向けなさい
何でも人にしてもらいたいと思うことは、その人にしなさい
・・・などの有名な教義は広く知られています。

関連する用語:法話 和讃 主の祈り プロテスタント 神父 牧師 十字架 キリスト教 献花 クリスチャン キリスト教の葬儀 僧侶

説教に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。