慰霊祭

用語を保存しました

慰霊祭の意味(慰霊祭とは)

死者の霊、故人の遺徳を偲び、慰めることを目的とした祭儀の事です。

死者の魂を慰めるという意味と共に、事故や事件、戦争などでなくなっていった死者の功績をたたえ、団結力を深めるという意味でも行われています。

さらに、こうしたことで命を落としていった死者がいる事、出来事を風化させる事ことのないように節目として行われています。失われた人々の命の重さを皆で考え、後世へ伝えるという意味でも行われています。

慰霊祭の実際

慰霊祭は法人主体でも個人主体でも行われている他にも、国主体、神社主体で行われており、特に戦没者の霊を慰めるための慰霊祭の多くは規模の大きいものになっており、灯籠流しやろうそくを灯すなど死者のゆかりの地などで開催されています。

近年では、動物の慰霊祭なども行われています。大規模の慰霊祭の場合には、平服で参列しても良いとあり、特に夏場の慰霊祭は体に負担のかからない、無理のない服装で参列する方がよろしいでしょう。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend