献灯

  • 読み:けんとう
  • 別名:法灯

献灯の意味(献灯とは)

献灯とは、葬儀などにおいてロウソクに火を灯すことをいいます。

古来より、火には不浄を焼き払うという意味があり、忌火と称されとても重視され、そこから葬儀の開式の時にローソクに火を点ずることとしても用いられています。

神社や寺で灯明を奉納することを指す他に、その灯明の事を献灯と呼ぶこともあります。

最近では、無宗教の葬儀など、キャンドルを使って祈りを捧げる儀式に使われる場合もみられるようになっています。

献灯の実際

焼香の代わりに献灯が行われたり、死者を追悼する催しでロウソクに火をつけて追悼行為としても捧げられたりもしています。

葬儀の中での献灯の流れの例としては、

開式→献灯→黙祷→弔辞弔電献花→挨拶→閉式

などがあります。

関連する用語:焼香 鎮魂 慰霊祭 献奏 献杯

献灯に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

注目の記事【PR】

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。