献灯

用語を保存しました

献灯の意味(献灯とは)

献灯とは、葬儀などにおいてロウソクに火を灯すことをいいます。

古来より、火には不浄を焼き払うという意味があり、忌火と称されとても重視され、そこから葬儀の開式の時にローソクに火を点ずることとしても用いられています。

神社や寺で灯明を奉納することを指す他に、その灯明の事を献灯と呼ぶこともあります。

最近では、無宗教の葬儀など、キャンドルを使って祈りを捧げる儀式に使われる場合もみられるようになっています。

献灯の実際

焼香の代わりに献灯が行われたり、死者を追悼する催しでロウソクに火をつけて追悼行為としても捧げられたりもしています。

葬儀の中での献灯の流れの例としては、

開式→献灯→黙祷→弔辞弔電献花→挨拶→閉式

などがあります。

<関連する用語>:焼香 鎮魂 慰霊祭 献奏 献杯

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend