弔辞

  • 読み:ちょうじ
  • 別名:

弔辞の意味(弔辞とは)

弔辞とは、故人への最後の別れの言葉で、葬儀告別式の時に故人と親しかった方が、別れを惜しむ言葉を読み上げることをいいます。

弔辞の長さ

弔辞の長さに特に決まりはありませんが、あまり長くなりすぎると、式進行に影響しますので、5分程度がよいでしょう。口語体で書かれて問題なく、決まりきった表現というよりも、自分の心情を素直に書かれると温かな弔辞になります。

弔辞の読み方

なるべくゆっくりと、はっきり読むことがよいでしょう。慣れない弔辞ですので、自分が思っている以上に早口になることが多いですので、意識してゆっくりと話すことを心がけましょう。

忌み言葉

重ね言葉と言われる忌み言葉をなるべくなら避けて書かれることがよいでしょう。
「重ね重ね」「くれぐれも」「幾重にも」「追って」「再三」
などの言葉は、使わないほうがよいとされています。

弔辞の実際

葬儀において、多くの人の心を動かすものは祭壇や料理の内容よりも「言葉」であると考えます。

弔辞の打診を受けた場合、特別な理由がない限りはできる限りお応えして、自身の言葉で、故人との思い出を語ることがなにより素晴らしい弔辞になります。

関連する用語:喪服 弔電 式辞 供花 法事法要 お香典 香典 香典の金額 供物 芳名板 忌み言葉
タグ:葬儀・葬式 葬儀マナー 法事法要

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。