キリスト教の法事法要

記事を保存しました

法要とは、遺族が故人の冥福を祈る仏教儀式のことです。

キリスト教では、追悼ミサや記念式と呼ばれます。「カトリック」と「プロテスタント」で少し異なります。

カトリックの法要について

カトリックでは、亡くなられた日から三日目、七日目、三十日目に追悼ミサを一般的に行います。その後は毎年、昇天日= 命日に追悼ミサを行います。

教会に親族や友人を招き、聖歌の斉唱、聖書の朗読、お祈りなどをしたあと、教会や自宅で会食などをし、故人を偲びます。

また万霊節(オールソールズデイ)という、仏教でいうお彼岸にあたる日があります。毎年11月2日に行われるので、その前にお墓の掃除やお墓参りを済ませ、当日は教会に集まり、故人のための特別ミサが行われます。

プロテスタントの法要について

亡くなられた日から、一週間目か、十日目、または一ヶ月に記念式を行います。その後は一年目、三年目、五年目のご命日に記念式を行います。

教会や自宅に親族や友人を招き、お祈りを捧げます。そのあとは、教会や自宅で会食などをし、故人を偲びます。

ご自宅でされる場合は、遺影写真や小さな祭壇、思い出の品、十字架などを飾ります。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

家財整理とは?遺品整理となにが違うの?

みなさんは、「家財整理」ってご存知でしょうか? 「遺品整理」や「生前整理」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、それらとなにが違うのでしょうか? ...

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

カテゴリ別ランキングRanking

冠婚葬祭のこと

enな人々

もっと見る