聖歌

  • 読み:せいか
  • 別名:

聖歌の意味(聖歌とは)

聖歌とは、古代、中世から続く宗教歌です。

カトリック教会では、讃美歌という言葉を使わず、聖歌とよんでいます。典礼に用いられる歌で、有名なものには、グレゴリオ聖歌、ビザンチン聖歌などです。単旋律の力強いトーンに特徴があります。

日本では、讃美歌、聖歌、賛美歌はどれも教会で歌われる楽曲という意味で共通していますが、教派によって使う言葉が決まっています。

聖歌の実際

聖歌は、正教会、ローマ・カトリック福音派教会が主に使う言葉です。

東方正教会の聖歌は、祈祷書の祈りの言葉を典礼の中で音楽的に詠うもので、楽曲というよりは、音を伴う祈りであるとも言われています。この点で、ローマ・カソリックのミサ曲も、同じような意味があります。

あらかじめ決まっている典礼を聖歌隊が朗誦するチャントの形式で、年代や地域でメロディーが変わることもあります。

西方教会は古くは礼拝の聖歌は、聖歌隊が歌うもので、会衆は拝聴するのみだったといいます。ルターはこの流れを破り、会衆みんなで讃美歌を唄わせ、ドイツ語でコラールと呼ばれる讃美歌を作りました。

聖歌に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

注目の記事【PR】

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。