エンディングパーク

浄土真宗(本願寺派)の焼香の回数・線香の本数は?

宗派によって、焼香の回数やお線香の作法に違いがあります。浄土真宗の焼香・線香の作法について解説します。

浄土真宗(本願寺派)の焼香は?

焼香は1回
額にいただかない


浄土真宗(本願寺派)は、焼香は額にいただかずに1回とされています。

浄土真宗では「香をお供えする」という意味から、1回だけ香をつまんで、額におしいただくことはせずに焼香をします。

また、香を香炉にくべる前に合掌はせず、りんを鳴らしたりもしません。

浄土真宗(本願寺派)のお線香は?

1本の線香を、2つや3つに折り、火を付けた後、線香を横に寝かせて供えます(寝線香)


浄土真宗では、寝線香が作法になります。1本の線香を香炉の大きさに合わせて、2つまたは3つに折り、火を付けた後、手であおいで火を消して、横に寝かせて供える、という方法を取ります。

線香は、左向き、右向きのどちら向きに供えても大丈夫です。

線香を折るのは、横に寝かせて香炉に入れるためですので、香炉の大きさに合わせて2本に折っても3本でも決まりはありません。

浄土真宗にはいろいろな宗派があり、宗派ごとに、焼香や線香の作法や考え方が異なります。

同じ宗派であっても僧侶によって考え方や作法が異なる場合もあり、上記の通りでなくても間違いというわけではありません。

宗派の焼香の回数や作法を知っておくことは大事ですが、故人を思いながら手を合わせることはより大切なことです。形式的になりがちな焼香ですが、故人を偲び、教えられたことを思い返すきっかけになればと思います。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集