遺影写真

  • 読み:いえいしゃしん
  • 別名:遺影

遺影写真の意味(遺影写真とは)

遺影写真とは、葬儀の際、祭壇などに飾る個人の写真のことを言います。

葬儀が終わった後には、後飾り壇や仏壇の近くに飾られるのが一般的です。

遺影写真を選ぶ際には、亡くなった時期に近い写真を選ぶようにします。ですが、ここ数年は病気がちで、遺影写真にするには好ましい写真がないということであれば、元気な頃の写真を選んでも良いでしょう。

時間の限られた葬儀の準備の中で、納得のいく遺影写真を選ぶことは負担のかかることです。生前から遺影に使う写真を選んでおくことも方法です。

なるべく、本人が大きく写っている写真を選ぶことがよいですが、小さな写真であっても、葬儀社の方で遺影用に引き伸ばしたり、背景を処理することが可能です。

遺影写真の実際

最近では、遺影写真に選ぶ写真は微笑んでいる写真など普段の故人を思い出せるような写真を選ぶ傾向があります。

写真の印刷についても、一昔前は遺影写真と言うと白黒が一般的でしたが、現在ではカラー写真を使用するのが主流になっています。

また、あらかじめ亡くなる前に自分で遺影写真を選んでおいたり撮影しておく場合や、遺影写真を預かるサービスを行っている会社に預けておく人もいます。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。