湯灌

  • 読み:ゆかん
  • 別名:

湯灌の意味(湯灌とは)

湯灌とは、遺体を洗浄し綺麗に保全する方法です。伝統的に近親者や近所の人たちで行われてきましたが、近年は、専門の湯灌業者が行うケースが増えています。

逆さ水」と呼ばれ、桶や洗面器に水を入れて、その後にお湯を加えるという日常とは逆の方法で準備したぬるま湯で、遺体を拭きます。

湯灌業者による湯灌は、車に積み込める浴槽を運んできて、お風呂に入れるような儀式をとり行います。

湯灌の実際

湯灌は、葬儀において必ずしなければならないものではないですが、闘病生活が長かった方などが、最期に湯灌で綺麗にしてあげて良かったという声も聞かれ、エンバーミング死化粧同様に、遺族の悲しみを和らげる効果もあるといわれています。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。