C型肝炎

用語を保存しました

C型肝炎の意味(C型肝炎とは)

C型肝炎とは、C型肝炎ウイルスに感染して発症するウイルス性肝炎です。

基本的に血液で感染するため、遺体を扱う立場にある人は注意が必要になります。

葬儀社は様々なケースなどでお迎えに行きます。

  • 遺族からの連絡で自宅へ直接向かう
  • 病院からの連絡で病院へ向かう
  • 警察が連絡して現場や警察署へ向かって仕事を開始する

  • 現場の環境、状況によって、納棺の作業も遺族へ気を使う場面も当然出てきます。

C型肝炎の実際

納棺に際して葬儀社は、手袋を着用し、塩素系の消毒薬を使用することなどが、マニュアルで決められています。

流水での手洗いや、作業着のクリーニング、定期健康診断で血液検査やレントゲンの検査を行い、予防接種を定期的に受けるなどの取り決めをしている場合が多いものです。

皮膚からの感染の危険性は低いものの、血液、体液に直接触れないようにすることが大切です。

葬儀社に限らず、医療関係者も同様に、手袋の着用などは行うようになっています。

遺族の立場からすると、手袋をはめて作業をすることに違和感を覚えることもあるのですが、葬儀社が丁寧に仕事をするためには、必要なことでもあるのです。

葬儀社や医療関係者に限らず、災害などで人助けをする立場になった時も、血液や体液に直接触れないように行うということは、知識として知っておく必要があるでしょう。

タグ一覧

注目の記事【PR】

家財整理とは?遺品整理となにが違うの?

みなさんは、「家財整理」ってご存知でしょうか? 「遺品整理」や「生前整理」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、それらとなにが違うのでしょうか? ...

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend