エンバーミング

  • 読み:えんばーみんぐ
  • 別名:遺体衛生技術、遺体保全処置

エンバーミングの意味(エンバーミングとは)

エンバーミングとは、遺体衛生保全と呼ばれ、損傷のある遺体を修復したり、1ヶ月間などある程度の長期間、遺体を保持する必要がある場合などに、用いられます。日本で伝統的に行われてきた、湯灌死化粧と同じく遺体を保持する方法の一つです。

エンバーミングは遺体を殺菌したうえで、体内に保全液を入れるなど高度な処置が必要なため、専用の施設でなければ行うことができません。また、処置をする人はエンバーマーと呼ばれ専門的な訓練を受けた人のみが行います。

元々は、アメリカの南北戦争時(1865年)に、戦死者を遠く離れた故郷まで遺体のまま移送することから発達し、アメリカでは多くの遺体がエンバーミングを施されています。日本では1990年前後から見られるようになりました。

エンバーミングの実際

交通事故などで損傷の大きな遺体も、修復、復元することで、遺族の悲しみを和らげる効果がある一方、日本は、ほぼ100%近い火葬率であることや、湯灌死化粧という選択肢もあることなどから、多くの人には必要というものではないという考え方もあります。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。