エンディングパーク

グリーフケア

  • 読み:ぐりーふけあ
  • 別名:悲嘆ケア

グリーフケアの意味(グリーフケアとは)

グリーフケアとは、身近な人を亡くし、大きな悲しみに暮れている人をサポートする、遺族ケアの一環です。

グリーフケアには、大切な家族を失った人が、どのようなプロセスを経て、精神的、肉体的に立ち直り、正常な日常生活へ戻っていくかを考え、それをサポートする役割を果たします。

一般的にはショック期、喪失期、閉じこもり期、再生期などを経て、新たな社会関係を構築していくことになります。

大切な家族の死に直面したら、まずは悲嘆とそれに伴う複雑な感情が現れるのが正常な人間の心境というもの。まずは周りが、損失感に苦しむ人を、認めてあげることが、グリーフケアの第一歩になるとも言えるでしょう。

また、葬儀において、悲しみをこらえるのではなく、しっかり悲しむということも、大切なグリーフケアの一つといわれています。

グリーフケアの実際

人は大切な人が亡くなったら、亡くなることが分かったら、身体的な症状を含め、あらゆる苦痛を訴えます。

心理的に罪責感を持ったり、怒りの気持ちがわきあがったりすることもあれば、理解しがたい行動をとることもあります。

集中力が低下して、鬱のような状態になる人も少なくありません。

これは、身近な人を失うという事象によって、誰にでも起こりうることであり、これらの行動や症状を通して、少しずつ死という損失から自分が立ち直っていくプロセスでもあります。

悲嘆の遅滞に陥らないためにも、正直な感情を抑圧しないように心がけ、今自分は悲嘆のプロセスを通っているのだと自覚する(受容する、受け入れる)ことが必要になります。

関連する用語:エンバーミング, エンゼルケア, 介護家族支援, レスパイトケア, 悲嘆, エンゼルメイク, ホスピス, ターミナルケア, ホスピタリティ, インフォームド・コンセント
タグ:葬儀・葬式 , 葬儀マナー , 法事法要 , 悲嘆とグリーフケア

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集