エンゼルケア

  • 読み:えんぜるけあ
  • 別名:ステルベン、湯灌

エンゼルケアの意味(エンゼルケアとは)

故人の死後の処置をすることを、エンゼルケアと呼びます。個人に対して、綿を詰め、身体を清め、身なりを整え、死装束の準備や着替えをするのは、本来は家族や親族仕事でした。

病院で亡くなる人が増え、綿詰め、清拭(せいしき)をベースに、看護婦さんが行なってくれる死後処理になっていきました。

また、専門業者が行う湯灌もエンゼルケアの一つともいえますが、着替えや化粧などを中心として、ビジネスとしての要素を取り入れながら、発展していきました。

エンゼルケアの実際

エンゼルケアは、その語感に疑問や違和感を感じる人もいまだに多いものです。

実際は、ホスピス・緩和ケア・終末期ケアなどの新しい医療と、患者への配慮、残された家族へのグリーフケアの一環として、出てきたサービスともいえます。

近しい人を失った時の衝撃、空洞を埋めるためには、故人が手厚く扱われたと感じることができるかどうかは大きな問題です。

将来にわたり自問自答することにもなりかねない、大切なお別れのための準備ともいえます。

エンゼルケアは、その内容も、遺族の希望、医療施設などによってさまざまです。

処置方法、手を組むかどうか、閉口処置など、家族の希望を聞いてもらえるか確認し、後でもっとこうしてあげればよかったという思いを残さないように伝えることも重要です。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。