清拭

  • 読み:せいしき
  • 別名:

清拭の意味(清拭とは)

清拭とは、死の判定が終わった直後に遺体に対して行われる清浄のことです。

病院で亡くなる人が多い現代では、看護師など医療機関の関係者によって行われる事が多くなっています。

また、在宅で亡くなった場合は、訪問看護師や葬儀業者の手で行われることもあります。

病院での清拭では、看護師が遺体をきれいに拭き、鼻の穴に詰め物をしてくれます。傷口を処置し、衛生的処置、着替え、死化粧などを行います。

清拭をエンゼルケアと呼んでいるところもあります。

欧米では、エンバーミングと呼ばれる遺体処置の方法があります。専門技術が必要になる遺体保全技術で、土葬をすることを前提としたアメリカを中心として行われている処置です。

清拭の実際

以前は自宅で亡くなる人も多く、身内が湯灌をしていました。たらいにお湯を張って、死者の体を拭いてきれいにするのです。

湯灌は湯灌業者葬儀社経由で湯灌を請け負っています。浴槽の準備をして、遺体を洗って髪を洗い、爪を切ってひげそりや薄化粧なども行ってくれます。

医療現場での清拭やエンゼルケアが一般的になった現代では、自宅での湯灌の必要性は少なくなってきています。

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

注目の記事【PR】

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。