死の判定

用語を保存しました

死の判定の意味(死の判定とは)

死の判定とは、医者や歯科医師によって、
1) 呼吸
2) 脈拍の停止
3) 瞳孔拡大
3つの兆候が見られる場合、総合的に判定される人の死を判定のことです。

一般的には呼吸停止、脈がとれない心拍停止の時間を、死亡時刻とするといいます。心停止とよばれる状態のことです。

同時に、臓器移植の問題があります。

臓器移植を行うことを前提とすると、心臓停止した後では、身体内の臓器が退化してしまうので、心臓停止前でも、蘇生の可能性が低いと判断された脳死の状態をもって、その人の死を判定するべきだ考え方も臓器移植法が制定されました。

死の判定の実際

臓器移植法において、
1) 提供者が死亡または脳死状態であること
2) 提供者が臓器提供の意思表示を生前していたこと
3) 家族も同意していること
の3つの項目を満たせば、脳死をもって死の判定を行い、臓器移植を認めています。

これは死の基準が変わることともいえ、法制定において広く議論が起こりました。

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend