見積書(葬儀)

  • 読み:みつもりしょ
  • 別名:葬儀見積書

見積書(葬儀)の意味(見積書(葬儀)とは)

葬儀における見積書とは、葬儀の前に葬儀社から出してもらう、葬儀にかかる費用の見積もりのことです。

見積もりには、葬儀社によっては「葬儀一式」というように、何と何が含まれ、どんなサービスは別料金になるかなどがわかりにくい項目が多く含まれていることもあり納得いくまで説明を受けた後に、サインをすることが大切です。

見積書(葬儀)の実際

葬儀にかかる費用は、葬儀一式と言われる祭壇などだけでなく、会葬者の人数に比例して飲食代や香典返しなどがあります。また、式場や火葬場に支払う費用、移動用の車両費用も必要になります。

宗教者を呼ぶ場合は、仏式だと宗派や地域によってお布施の金額が大きく変わってきます。

このように様々な項目が全て合わさって葬儀費用の総額を知ることができるので、「葬儀一式」だけで葬儀費用と考えていると実際にはそれ以外の費用が必要になります。そのため、葬儀社商品であるプランやセットには、全葬儀費用のうちどこまでが含まれているのかを判断する必要が出てきます。

式場を借りる費用、返礼品、飲食費、お布施などは、セットやコースに含まれないのが一般的ですから、最終的に葬儀にかかる総額はいくらになるかを確認しておきましょう。

インターネットで見積書を取り寄せることも簡単にできるようになりましたが、葬儀は複数社に、同じ条件(人数、宗旨、予算など)で見積もりをもらい、比較をすると共に、その時の対応を含めて判断することが重要でしょう。

関連する用語:葬儀 葬儀社 お布施 通夜ぶるまい 死装束 湯灌 ドライアイス 見積書 請求書
タグ:葬儀・葬式 書類 見積り 喪主 仮通夜 香典 葬儀社 葬儀屋 お布施

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集