逆さ水

  • 読み:さかさみず
  • 別名:

逆さ水の意味(逆さ水とは)

逆さ水とは、葬儀における逆さ事のひとつです。

お風呂のお湯が熱すぎるとき、通常は水を入れて適温に冷ましますが、故人を湯灌する際においては、水に熱いお湯を入れて、温度を調節します。

遺体を清めるときに、適温のお湯を用意するときには、真水に熱いお湯を入れる方法をとるわけです。これを逆さ水と呼んでいます。

逆さごとには他にも、左前に着物の前を合わせる縦結び、北枕逆さ屏風などが知られています。

Sakasamizu

逆さ水のイメージ

逆さ水の実際

逆さごとは、死は非日常であるべきという願いから、いつもとは逆の方法で物事をとり行うことの総称です。

いつもとは逆の手順を踏むことで、死という事態に対処し、生きている人の領域と区別するようにしたのです。

死者の領域では、この世とは物ごとが逆さまになっているとも考えられていて、この世が昼の時間帯は、あの世は夜だとも言われていました。

湯灌の際にお湯を使うときに、逆さ水を行うのはそのためです。

湯灌の際は左手でひしゃくに水をくんで、足元からかけていくようにします。

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

注目の記事【PR】

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。