エンディングパーク

見積り(葬儀の)

  • 読み:みつもり
  • 別名:

葬儀の見積の意味(葬儀の見積とは)

葬儀における見積もりとは、葬儀の内容と費用を、葬儀前にあらかじめ想定し決めておくことをいいます。

身内が亡くなった場合には、すぐに通夜や葬儀の準備をはじめなければならず、多くの場合は葬儀社に連絡をとります。

見積した金額と、葬儀後の請求書の金額が大きく異なることがあってはトラブルの原因になりますので、不明な点は、見積もり時点で納得いくまで確認しておくことが大切です。

葬儀に関わる見積り項目は多岐に渡ります。

最低限必要な葬儀の見積り項目
 ドライアイス火葬料、寝台車、人件費など

葬儀の内容や希望により必要となる見積り項目
 祭壇遺影写真仏衣焼香用品や受付用品、式場費、霊柩車
 マイクロバス、料理、返礼品宗教者への謝礼(お布施)など


最近では、葬儀社に支払う費用は「プラン」や「セット」と呼ばれる価格設定も増えてきましたが、例えば同じ40万円プランでも葬儀社によっては含まれている項目が異なったり、祭壇の内容が大きく異なることがあります。

見積りをする時には、すべて含んだ「総額」でいくらになるのかを常に意識しながら確認していきましょう。

葬儀の見積の実際

実際の葬儀の見積りは、葬儀社が自宅(または安置施設)に、ご遺体搬送してご安置をした後に、打合せをして見積書を作成というケースが多いです。

病院からご遺体を搬送する時の寝台車も、自分たちで運ぶのは基本的には困難ですから、葬儀社に依頼することになり、すでにその段階で葬儀社は仕事を開始していることになります。

とはいえ、搬送してもらった葬儀社に、お葬式も必ず依頼をしなければいけないということはなく、搬送にかかった費用のみを精算して、葬儀自体は他の葬儀社を選択することが可能です。

葬儀の見積りは、悲しみの状況でもあることに加えて、はじめて聞く項目も多く、内容を詳細まで分かることは難しいことかもしれませんが、見積りのやり取りを通して、信頼のおける葬儀担当者かどうかを判断したうえで、依頼を決定することが大切です。

関連する用語:死装束, 湯灌, ドライアイス, 葬祭ディレクター, 見積書, 請求書
タグ:葬儀・葬式 , 仮通夜 , 喪主 , 見積り , 葬儀屋 , ドライアイス , 葬儀社 , お布施 , 病院 , 遺影写真

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集