寝台車

  • 読み:しんだいしゃ
  • 別名:バン型霊柩車、搬送車

寝台車の意味(寝台車とは)

寝台車とはベッドのついている列車と同じ字ですが、ここでいう寝台車とはストレッチャーでの移動が必要な人をストレッチャーごと運べるバン型の自動車を言います。

寝台車には病人や怪我人など生きている方を運ぶためのものと、亡くなった方を病院から自宅や斎場まで運んだり、事故現場などから警察署などへ運ぶために使われるものの二種類があります。

その中でも特に亡くなった方を搬送する寝台車を「バン型霊柩車」と呼ぶこともあります。

寝台車の実際

現在では病院で最期を迎えることが一般的となっていますから、ご逝去後、葬儀社に連絡して、亡くなった方を自宅や斎場安置施設まで寝台車で運ぶ手配をしてもらいます。

最近ではお通夜も自宅ではなく葬儀式場や斎場で行うケースも多いため、葬儀社さんが直接斎場まで運んでくれたり、自宅に運ぶ場合は寝台車で搬送した後、枕飾りなどを行なってくれます。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。