洋型霊柩車

用語を保存しました

洋型霊柩車の意味(洋型霊柩車とは)

洋型霊柩車とは、霊柩車の中でも洋型のもののことです。

宮型霊柩車と違い、金箔や漆塗りで寺院の屋根のような凝った装飾をしたものと違い、リムジン型の車輛を用いた、シンプルな寝台車型の霊柩車です。

大型のステーションワゴンや高級車を改造して作ります。

1989年に昭和天皇の葬儀で洋型霊柩車が使用されたことをきっかけに、一般的にも知られるようになりました。

宮型霊柩車には、あからさまな死のイメージがあり、近隣の住民からも支持されなくなってきたことや、「宮型霊柩車乗り入れ禁止」の火葬場なども増加しています。

洋型霊柩車の実際

戦後のアメリカでは、装飾を施した霊柩車から、寝台型の霊柩車へと霊柩車の流行が変化し、それが輸入されて日本でも使われるようになりました。

宮型霊柩車が主流だった時には、使用が少なかった洋型霊柩車ですが、現在では主要な霊柩車になっています。

キャデラック、リンカーン、ベンツなどの後部を改装したものや、クラウンやレクサスなどの高級国産ワゴン車を使用したものなどさまざまあります。

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend