洋型霊柩車

  • 読み:ようがたれいきゅうしゃ
  • 別名:リムジン型

洋型霊柩車の意味(洋型霊柩車とは)

洋型霊柩車とは、霊柩車の中でも洋型のもののことです。

宮型霊柩車と違い、金箔や漆塗りで寺院の屋根のような凝った装飾をしたものと違い、リムジン型の車輛を用いた、シンプルな寝台車型の霊柩車です。

大型のステーションワゴンや高級車を改造して作ります。

1989年に昭和天皇の葬儀で洋型霊柩車が使用されたことをきっかけに、一般的にも知られるようになりました。

宮型霊柩車には、あからさまな死のイメージがあり、近隣の住民からも支持されなくなってきたことや、「宮型霊柩車乗り入れ禁止」の火葬場なども増加しています。

Rekyusya

洋型霊柩車の実際

戦後のアメリカでは、装飾を施した霊柩車から、寝台型の霊柩車へと霊柩車の流行が変化し、それが輸入されて日本でも使われるようになりました。

宮型霊柩車が主流だった時には、使用が少なかった洋型霊柩車ですが、現在では主要な霊柩車になっています。

キャデラック、リンカーン、ベンツなどの後部を改装したものや、クラウンやレクサスなどの高級国産ワゴン車を使用したものなどさまざまあります。

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

注目の記事【PR】

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。