空輸

  • 読み:くうゆ
  • 別名:

空輸の意味(空輸とは)

空輸とは、ご逝去先から目的地(ご自宅・斎場など)へ空路を通じご遺体搬送することを言います。

空港までは陸路で搬送を行ないます。また国内搬送だけでなく、旅先でご逝去された場合など海外から搬送するケースもあります。

空輸の際ご遺体は柩に納め、さらにそのを専用コンテナに入れて搬送します。

空輸の実際

空輸を行なう場合、空港までと到着空港先から目的地までご遺体をお運びする搬送車の手配も必須です。

また一連の手続きには「死亡診断書」と「死亡届」のコピーが必要となります。海外でご逝去された場合は、ご遺体の引き取りから搬送は外務省職員を通じて行ないます。

距離によっては陸路で運ぶよりも、費用を抑える可能性がある空輸ですが、夏の台風や冬の吹雪といった天候事情で欠航することもあり、待機しなければならなくなることもあります。

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。