海外への搬送

用語を保存しました

海外への搬送の意味(海外への搬送とは)

日本に滞在していた外国籍の方が亡くなった時、自国へ遺体搬送したいという希望がある場合があります。

日本から海外に遺体を搬送するには、火葬した状態での搬送と、土葬することを前提に、エンバーミングをして納棺し、その状態で空輸するという方法があります。いずれにせよ、必要な書類があり、搬送のための費用がかかります。

まずは大使館や領事館にも間に入ってもらって、自国の遺族にそれらを説明し、手続きを取ってもらう必要があります。

海外への搬送の実際

必要な書類は、死亡診断書、死亡検案書、亡くなった人のパスポート。手続きとしては、身元引受人が承諾書記入できること、遺体を引き受けることができる人がいること、そして高額なコストを支払うことができるように、大使館を通じて遺族との連絡確認も必要になります。

帰国先の受け入れに際しては、入国の規定がそれぞれ違うので、規定にあった書類を作成する必要があります。特に火葬でない場合は、エンバーミングを行い、防腐や検疫に対する処置をして、施術証明書が必要です。

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend