検案書

用語を保存しました

検案書の意味(検案書とは)

検案書は、検案した医者だけが発行できる書類で、死亡を証明するものです。

病院で治療中に、その疾患により亡くなった場合以外のケースで亡くなった方について、医師が検案して発行する書類です。

死因に異常性が認められる場合には、所轄の警察署に届け出がされます。

かかりつけの医者がいない場合なども、やはり警察へ連絡を取られることがよろしいでしょう。検案の後に、警察医、監察医が検案書を作成します。

検案書の実際

自宅などで亡くなった場合、司法警察員による検視が終了しても、医師が検視を行わなければ、死体検案書が発行できません。警察医が少ない地方自治体では、休日に死体検案書の作成が滞るなど、人材不足が指摘されています。

検案にかかる費用は自治体によって様々で、遺族負担や自治体負担のケースがあります。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend