司法解剖

用語を保存しました

司法解剖の意味(司法解剖とは)

司法解剖は、変死の場合、検視で犯罪性があったり、疑われたりするケースにおいて、死因究明を目的に行われます。

刑事事件の処理を目的に行われるものです。

遺族の了承を取って行われることが多いものの、裁判所の許可があれば、強制的に行われることもあります。

解剖によって事件の真相解明や、裁判証拠に重要な影響が出るため、最寄の大学の医学部で、法医学者によって解剖されるのが原則になっています。

司法解剖の実際

医解剖は、異状死の遺体に関して、その死因をはっきりさせるために行います。

異状死体は、検視によって犯罪の有無を判断します。

犯罪の疑いが明らかにないとなった場合は、行政解剖へ、犯罪の疑いがある場合には、司法解剖へまわります。自殺か他殺かの判断がつきにくい場合も、司法解剖で明らかになります。

全国的に、予算不足、医師不足の問題が指摘されており、変死の件数に対して、ほとんどが司法解剖されない現状があります。

交通事故などのケースでは、検視のみで解剖には至らないのが一般的ですが、ひき逃げなどの場合は、解剖に回ることもあります。

行政解剖中に、犯罪性の疑いが出てきたら、解剖を中止して、司法解剖の手続きを取る必要があります。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend