エンディングパーク

検察官

  • 読み:けんさつかん
  • 別名:検事、副検事

検察官の意味(検察官とは)

検察官は、罪を犯した人を取り調べ、裁判所に起訴することができます。

また、検察官によって起訴が可能な事件でも、被疑者の年齢などによって、起訴しないこととする権限もあります。

犯罪や事件に関して警察と協力しながら、独自の立場で捜査し、起訴するかどうかの判断をします。

裁判では、被告人の行った罪状について、どの法律に違反するか説明し、犯罪の証拠を立証します。

被告人の罪状がどの程度の刑罰にあたるかを示すことで、裁判官に適正な求刑を求める役割を果たします。

司法試験に合格する必要があり、司書修習を経て2級検事になり、その後8年以上の経験を持って1級検事になれるという、狭き門です。

検察官の実際

検察官の葬儀分野への関わりとしては、法律によって「検察官が、変死者または変死の疑いのある死体の検視を行うこと」とされています。つまり、変死体の検視を行うのは検察官であると定められています。

ただし実際には、「検察事務官または司法警察員(=警察官)にこれを代行させることができる」とも定められていますから、一般的には、警察官が検視を行っています。

関連する用語:検案書, 検視, 検視官, 検案, 行政解剖, 司法解剖
タグ:相続

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集