エンディングパーク

霊安室

  • 読み:れいあんしつ
  • 別名:遺体安置所

霊安室の意味(霊安室とは)

霊安室とは病院・斎場・警察署などにある、故人のご遺体を一時的に安置する施設です。

病院には必ず霊安室が備え付けられているわけではなく、病院によっては霊安室の設備がない場合もあります。

また、病院の霊安室でご遺体をに納める行為を禁じている霊安室がほとんどですので、直葬であったとしても病院の霊安室から火葬場へ向かうことはできず、ご自宅か安置施設葬儀式場搬送した後に、火葬場へ向かう必要があります。

霊安室の実際

現在では、多くの方が病院で最期を迎えられています。そのため病院では提携している葬儀社があり、病室から霊安室までの移動を手伝ってくれた白衣を着た人が、実は葬儀社の人であったというケースも珍しくはありません。

病院提携の葬儀社に、ご遺体搬送から葬儀までを依頼することも可能ですが、必ずしも依頼しなければならないことはなく、お断りをすることは問題ありません。

関連する用語:遺体, 安置施設, セレモニーホール, 斎場, 火葬場, 葬儀会館, 搬送, 保冷庫, 海外への搬送
タグ:葬儀・葬式 , 葬儀式場 , 斎場 , 葬儀屋 , 葬儀社 , 病院

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集