セレモニーホール

セレモニーホールの意味(セレモニーホールとは)

セレモニーホールとは、葬儀会館葬儀式場のことで、葬儀を専門に行う会館をさします。

自宅で葬儀をする時代から、会館を借りて葬儀をする時代を迎えて、日本各地にセレモニーホールが林立しています。

セレモニーホールの多くは、葬儀社が保有しているもので、そのセレモニーホールで葬儀をするためには、保有する葬儀社に依頼することでしか葬儀はできません。他社に貸し出しをしているケースは一部の地域のみで、全国的には決して多くはないです。

セレモニーホールの実際

1990年代は、大きな式場や宿泊のための部屋など豪華な設備を持ち、大人数が収容可能なセレモニーホールが多く建てられました。2000年代後半になると、家族葬の高まりに伴い、家族葬向け、家族葬専用を謳ったセレモニーホールが多く見られるようになっています。

設備の充実さや立地条件もセレモニーホール選びで重要な要素ですが、式場使用料無料といいながらも葬儀費用の総額では割高だったという場合もありますので、見積もりを取られて確認されることが大事です。

セレモニーホールに関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。