保冷庫

  • 読み:ほれいこ
  • 別名:ご遺体用冷蔵庫

保冷庫の意味(保冷庫とは)

遺体の状態を保つための遺体用の保冷庫があります。

近年では、夏場や冬場に葬儀を行う場合など、葬儀式場斎場)や火葬場などが混んでいて利用するのに数日かかってしまうというケースもあります。

そのような場合にご遺体の損傷を防ぐためにご遺体を安置する施設として保冷庫を利用します。

保冷庫を所持している葬儀社や、火葬場によっては保冷庫を設置している火葬場もあります。

保冷庫の実際

東京都内など都市部を中心に、式場が混み合っており葬儀まで時間がかかる場合も増えています。その場合に、保冷庫を利用しますが、一度は自宅に帰してあげたいという遺族の規模がある場合は、1日、2日を自宅で安置して、それから斎場葬儀社の保冷庫で保管するというケースもあります。

都内の主要な火葬場(桐ヶ谷斎場、町屋斎場など)では、保冷庫を完備しており、多くの利用者があります。

保冷庫に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。