エンディングパーク

最上等

  • 読み:さいじょうとう
  • 別名:

最上等の意味(最上等とは)

最上等とは、首都圏の火葬炉における等級の一つです。

火葬炉における等級は、一般的な等級がこの「最上等」で、最上等より一つ上の等級が「特別室」、そして最も上級のものが「特別殯館(とくべつひんかん)」となります。

等級による違いは、部屋のつくりと利用料金の2つで、火葬に掛かる時間や、火葬内容が変化するということはありません。

首都圏の民営火葬場のみ見られる等級であり全国の大部分の公営火葬場ではランクはありません。

また、首都圏の火葬場であっても公営の「臨海斎場」「瑞江葬儀所」にはみられません。

最上等の実際

最上等はいわゆる大部屋であり、特別室特別殯館は個室になっています。

著名人の火葬や社葬、最後のお別れは、自分たちだけで静かに行いたいという場合に、個室づくりの特別室・特別殯館を選ばれる場合がありますが、圧倒的大部分の方が「最上等」を選ばれています。

関連する用語:斎場, 火葬場, 町屋斎場, 特別室, 特別殯館, 火葬, 保冷庫
タグ:施設 , 火葬場 , 葬儀・葬式 , 斎場

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集