エンディングパーク

特別殯館

  • 読み:とくべつひんかん
  • 別名:

特別殯館の意味(特別殯館とは)

火葬場特別殯館は、東京都内の火葬場に設けられている最上ランクの火葬炉をさします。

大規模な社葬や高級感のある葬儀で選ばれることが多い施設です。

火葬炉の炉前ホールや収骨ホールがゆったりとしていて、プライバシーも保てるメリットがあります。

例えば、東京都の桐ケ谷斎場では、火葬炉が全部で12基あり、そのうち特別殯館は2炉、特別室が2炉、一般的に利用される最上等が8炉という構成になっています。

特別殯館の実際

公営の火葬場では、火葬炉のランクというものは見られないですが、東京都内の民間会社が運営している火葬炉では、火葬炉にランクが設けられています。

火葬料金のランクが一番高いのが特別殯館になり、そのほかの最上等特別室よりも割高に設定がされています。例えば、品川区の桐ヶ谷斎場の例では、特別賓館(177,000円)、特別室(107,500円)、最上等(59,000円)と火葬料金が設定されています。

火葬そのものがランク分けで手順が違うわけではなく、火葬炉前のホールや収骨室などの使用する施設が豪華になる違いがあります。

関連する用語:最上等, 特別室, 斎場, 火葬, 火葬料金, 控室料, 直葬, 葬儀, 火葬場, 町屋斎場
タグ:葬儀・葬式 , 東京都 , 斎場 , 施設 , 火葬場

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集