心づけ

  • 読み:こころづけ
  • 別名:チップ

心づけの意味(心づけとは)

葬儀における心づけとは、霊柩車やマイクロバスなどの運転手さんや、火葬場のスタッフ、お茶や料理を配膳してくれる人などに用意して渡すお金のことをさします。

地域によって、渡す金額などは違ってきます。全く渡さない地方もあります。

公営施設の火葬場、斎場では職員への心づけは一切禁止されているのが一般的です。公務員ではなく、民間委託の職員もいますが、同様に金銭の受け取りを禁止されているところは少なくありません。

葬儀社への心づけも、サービス料などに含まれているため一般的には必要がありません。

心づけの実際

心づけに関して、地方のしきたりや相場、渡すタイミングに悩んだ場合は、葬儀社に相談してみることがよいでしょう。

首都圏では、23区の火葬場はそのほとんどが民営なので、火葬場のスタッフに心づけを渡すケースも多いようですが、火葬夫がを担いで台に載せていた時代とは違い、現在ではカートで棺を移動するようになっています。全国の公営火葬場での心付けが全面的に禁止されているなかで、民間火葬場であるという理由から心づけを渡す必要があるのかと疑問がおこることも多く、心づけに関する考え方も変わりつつあるといえます。

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

注目の記事【PR】

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。