エンディングパーク

遺影写真を選ぶポイント

皆さんは、葬儀に参列し、お焼香をするとき、どこを見ていますか?ほとんどの方は、遺影写真を見て手を合わせていると思います。

遺影写真は、会葬者の方の印象にも残りますし、家族の手元に遺る大切なものです。そんな大事な遺影写真を選ぶポイントは2つあります。

遺影撮影会
遺影撮影会の例(NPO法人エンディングセンターで開かれた遺影撮影会)

ポイント(1)表情

一昔前の遺影写真は、モノクロで真面目な表情の写真を使うことが多かったですが、最近は、一番本人らしさが出ている写真を用いて、カラーの遺影写真を作ることが増えています。

最近撮影した写真を選ぶことが一般的ですが、病気で痩せていたり、しばらく写真を撮っていなかったという場合は少し前のものでも問題ありません。

趣味の踊りをしているときの着物のショットや、お孫さんとの旅行を楽しまれている写真など、リラックスしてるときの表情はよりその人らしさが出るのではないでしょうか。

家族の手元に遺る写真でもありますので、いつ見ても近くに感じることのできる、普段見ていた自然な表情の一枚を選びたいですね。

ポイント(2)ピントの合ったもの

遺影写真の一般的な大きさは、四つ切りサイズです。新聞1ページの 1/4 ほどの大きさです。

構図としては本人が大きく写っている写真が望ましいです。

写真は携帯電話やスマートフォンで撮影したものでも使用できますが、あまり小さなサイズですと、引き伸ばしますのでピントが合っていなかったり、画素数が少ないカメラだと画質が荒くなります。できれば画質が高いカメラで取ったものがより良いでしょう。

最近は生前に遺影写真を撮影するサービスや、遺影写真の撮影会なども見られるようになっています。

タグ:参列 , 葬儀・葬式

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集