エンディングパーク

弔意

  • 読み:ちょうい
  • 別名:お悔やみ、哀悼の意

弔意の意味(弔意とは)

弔意とは、人の死を悼む気持ちです。

お悔やみの言葉を述べる際には、弔意だけを述べ、言葉は少なめにしておくことがよいでしょう。

また通夜告別式に参列することが難しい場合は、弔電を打つこともできます。弔電はとりあえず弔意を示すためのもので、葬儀が終わってから送るのは失礼にあたるため避けた方がよいでしょう。告別式の前には届くよう、手配するのが一般的です。

この際の宛名は喪主ですが、確認できない際には故人の名前にして、御遺族様とつけることもできます。

弔意の実際

弔意を述べる際、ご冥福成仏、などの仏教用語を、神道キリスト教の故人やご遺族にはなるべく使わない・・・などいろいろと形式が気になることもあるとは思いますが、大切なことは思いを伝えることで、少したどたどしくても思いは伝わるものです。

弔問できない場合は、弔意を示してお香典やお花を郵送する方法もあります。一緒にお悔やみの手紙を準備します。

手紙には、どんな関係の誰が送ったかがわかるように書きます。

香典を辞退する葬儀が増えており、その場合にはお花などを送り弔意を伝えます。

関連する用語:弔慰金, 香典, 弔意電報, 忌み言葉
タグ:葬儀・葬式 , 弔問 , 香典 , クリスチャン , お悔やみ , 参列

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集