「建物滅失登記」の「登記申請書」の書き方

ご自身で建物滅失登記をする場合に必要な登記申請書の書き方をご案内致します。

申請書は、管轄の法務局の不動産登記申請表示係の窓口でもらえます(無料)。また、法務局のホームページからもダウンロード できます(リンク先のページの、「登記申請書の様式及びその説明」の2番を参考ください)。

順番通りに書いてみましょう。

この記事を書いた専門家

池貝充隆 池貝充隆(いけがいみつたか)
解体サポート 相談スタッフ ※対面相談会(無料)実施中
初めての解体工事は、業者選びから費用まで不安なことも多いと思います。無料でご相談、解体業者の紹介、見積もりの確認をサポート致します。

登記申請書の書き方のポイント

黒のボールペンで書くこと
鉛筆は不可です。黒のボールペンまたはパソコンなどで作成しましょう。

郵送による申請も可能
申請書を入れた封筒のおもて面に「不動産登記申請書在中」と記載のうえ、書留郵便にて所轄の法務局へ送付して下さい。

※万が一、書類の不備があると法務局に出向くことになるので、直接窓口に行かれることをおすすめします。

登記申請書に記入していきましょう

登記申請書
※登記申請書の見本

上記の見本の番号と照らしあわせて確認してください。

(1) 申請書の複写を数枚(自治体によって枚数が違いますので、所轄の法務局に確認して下さい)

(2) 添付書類(取毀証明書、解体業者の登記簿謄本か資格証明書、解体業者の印鑑証明書)※全て解体業者さんが揃えてくれます。取毀証明書=とりこわししょうめいしょ

(3) 申請書を提出する日付

(4) 登記簿謄本に記載されている名義人の住所と氏名

登記簿上の所有者の氏名・住所と、申請人の氏名と現在の住所が同じ場合に限ります。氏名と現住所が違う場合は、登記簿上の住所から現在の住所までの移動の経緯がわかるよう住民票の写しや戸籍の附票等を申請書に添付。(印鑑は実印が望ましいようですが、認印でも問題ないようです)

(5) 連絡先の電話番号

(6) 不動産登記番号

不動産番号が分かる場合には記載します。この番号を記載すると以下5の「建物の表示」の記入を省くことが出来ます。(分からない場合には空欄でも可)

(7) 建物の表示

登記簿謄本(登記事項証明書)に記載されている通りに記入します。日付は取毀証明書に記載されている取毀し日を記入して下さい。

この記事をエントリーした専門家

池貝充隆 池貝充隆(いけがいみつたか)
解体サポート 相談スタッフ
住所:東京都中野区中野3-48-21GUELビル
電話:0120-987-455
初めての解体工事は、業者選びから費用まで不安なことも多いと思います。無料でご相談、解体業者の紹介、見積もりの確認をサポート致します。※対面相談会(無料)の日程はこちら

特集
「建物解体」でみんなが気になること
建物解体の工事の流れや費用、葬儀後にまつわる相談事例を紹介しています。

タグ: 手続き 解体 専門家記事 池貝充隆執筆 滅失登記 建物解体 東京都

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。