エンディングパーク

弔問をお断りすることについて

家族だけの葬儀を考えているのですが、弔問をお断りすることは失礼にはあたりませんか?そんな疑問にお応えします。

弔問とは遺族を訪ねて、お悔やみを述べること

弔問とは、亡くなった人の遺族を訪ねて、お悔やみを述べることが弔問といわれています。

例えば葬儀や通夜に参列に行くことは「弔問」です。また葬儀や通夜に駆けつけられず、後日自宅を訪ねてお悔やみを述べることも「弔問」といいます。

家族だけの葬儀を考えているのですが、弔問をお断りすることは失礼にはあたりませんか?

招待をする結婚式と違って、お葬式は招待して来ていただくわけではないですので、基本的には、弔問したい人はどなたでも弔問することが可能なものです。そのため、どうしても弔問をしたいという方を無理に断ることは、避けた方がよいでしょう。

ただ、近年、家族葬など身内中心の葬儀が増えています。その場合に、故人が「生前に身内だけで送られることを希望していた」など、そのことを伝えること自体は失礼にはあたりません。

伝えたうえで、それでもぜひ弔問したいと希望くださる方は、故人との関係や思いがあるわけですので、弔問くださることに感謝の思いを伝えましょう。

長くお付き合いのあるご友人や知人側にもそれぞれ「お悔やみを申し上げたい」という思いがあり、そういった弔意に対して理解をしたうえで、判断することが大切ですね。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集