葬儀の司会

  • 読み:しかい
  • 別名:進行役

葬儀の司会の意味(葬儀の司会とは)

葬儀における司会とは、葬儀の進行案内をするのが主な仕事です。

一般的には葬儀業者が担当するケースが多いものの、会社や町内会などで司会進行役、葬儀委員長、受付などを手分けして担当するケースもあり、地方や葬儀の規模、スタイルによって、司会を立てないケースも多くあります。

また、司会業者が葬儀業者に派遣されているケースもあり、プロの司会者が司会を仕切る大型の葬儀もあります。

葬儀の司会の実際

家族葬など葬儀が小規模化する現在ですが、著名人や有名人の方は密葬を終えた後、後日あらためて、お別れ会、社葬などをホテルなどの会場を使いケースもあります。

葬儀の司会業を始めたいというニーズも多く、セミナーや葬儀司会教室などのスクールや講座も、あちこちで開催されるようになってきました。

葬儀業者の熟練スタッフが司会進行を行うことが多いように、司会者には宗教、宗派に関しての理解が必要になります。

また、無宗教の葬儀の司会進行などでは、喪家から故人の人となりを伺い、ナレーションを作成するなど司会者の力が要求される場合もあります。

関連する用語:弔電 送別の辞 喪主謝辞 葬儀社

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

注目の記事【PR】

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。