エンディングパーク

白足袋

  • 読み:しろたび
  • 別名:

白足袋の意味(白足袋とは)

白足袋は和装でも正式なものとして、慶弔などの際に履くものです。葬儀における白足袋は、死装束のひとつとして、遺体に履かせるものでもあり、葬儀に参列する際には、和装にあわせてはくものでもあります。

死装束は経帷子という和装の仏衣で白い着物を左前に着せます。手足に白い手甲脚絆、白足袋をつけ、胸には頭陀袋を入れて中には六文銭をいれておきます。

この際の白足袋はこはぜを取り、左右逆に履かせることもあります。

和装で葬儀に参列をする際には、寒色系の色無地に喪帯を着用するなどし、女性は白足袋を履き、男性は黒足袋を履くこともあります。

Tabi

白足袋の例

白足袋の実際

白足袋と葬儀の風習には宗派や地方によってさまざまなものがあります。

葬儀の際、故人に近い女性は白足袋を脱いで参列したり、葬列に加わる男性は白足袋を脱いではだしにわらじになる習慣のある地方もあるといいます。

死装束として白足袋を履かせる習慣は、近年では、故人が生前好きだった洋服を着せて送るといった習慣の変化にともない、納棺時に必ず行われるというものではなくなってきています。

関連する用語:死装束, 経帷子, 喪服, 頭陀袋, 守り刀, 枕経, 手甲, 脚絆
タグ:葬儀・葬式 , 仮通夜 , 死装束 , 参列

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集