経帷子

用語を保存しました

経帷子の意味(経帷子とは)

経帷子は、亡くなった方に着せる死装束です。手甲脚絆頭陀袋などの組み合わせからなります。

白一色の麻、木綿、紙布などでできています。縫い目の糸をとめず、裏地のない単衣になっています。

遺族の手で着せてあげ、左前に合わせます(葬儀社の担当者がお手伝いしてくれます)。足袋はこはぜを取ってわらじを履かせます。

経帷子には、南無阿弥陀仏や、南無妙法蓮華経という名号やお題目梵字や経文などが書き記されています。

本来巡礼のための装束ですが、西方浄土へ巡礼に出るという発想から、経帷子を着せる習慣が始まったとされています。

経帷子の例

経帷子の実際

最近では、経帷子を着せるよりも、故人が生前愛用していた洋服や着物を着せることが増えてきています。

また、経帷子を着せたうえから、故人から納棺の際に着せてくれるよう頼まれていた着物を着せるというケースもみられます。

以前は葬儀社が提供する葬儀一式の中に含まれていた経帷子も、こうした流れを受けてか、オプションとして選択するようにしている葬儀社もあります。

タグ一覧

注目の記事【PR】

家財整理とは?遺品整理となにが違うの?

みなさんは、「家財整理」ってご存知でしょうか? 「遺品整理」や「生前整理」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、それらとなにが違うのでしょうか? ...

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend