エンディングパーク

葬送儀礼

  • 読み:そうそうぎれい
  • 別名:葬儀

葬送儀礼の意味(葬送儀礼とは)

葬送儀礼とは、死者を葬る一連の儀礼のことです。葬送儀礼を略して葬儀と呼ぶのが一般的です。

葬送における葬は、草むらに遺体を遺棄することを言い、葬送の送るという文字は、死者を送る野辺の送りのことです。

遺体を草むらへ遺棄するために、野辺の送りの手順を整えたのが、葬送儀礼の始まりといえるでしょう。

死出の支度として、笠、杖、六文銭や米などをに入れて、死者にはわらじをはかせたり、経帷子を着せて旅の支度を整えました。

旅路の安泰を願って、死者に授戒を施し、死出の旅路を迷うことなく辿れるための引導を授けました。

葬送儀礼の実際

現在の葬送儀礼は、現代の葬儀を考えると儀礼の流れがわかります。臨終を迎える人を看取り、亡くなった人の遺体を清めて通夜を行い、葬儀や告別式を行い、火葬にします。そして四十九日、一周忌を行うといった一連の行いのことをさします。

葬送儀礼のマナーは、地域や葬家の宗教、宗旨によって違ってきます。葬儀を営む際、葬儀に出席する際には、このマナーに注意しておく必要があります。

関連する用語:野辺の送り, 六文銭, 六灯籠, 経帷子, 死装束, 六道, 祭壇, 白木祭壇
タグ:葬儀・葬式 , 儀礼 , マナー , 四十九日 , 臨終 , 祭壇

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集