手甲

  • 読み:てっこう
  • 別名:手っ甲

手甲の意味(手甲とは)

手甲は、死装束のひとつで、手につけるものです。上腕から手首や手の甲を覆うようにして付けます。

手首はひもやこはぜを使ってとめ、手の甲には中指に縫いつけられた輪を通します。

武具の一部だったもので、刀から手の甲や手首を守るためにつけたものがはじまりといわれています。

納棺の前に、故人には白いさらしの経帷子を左前に着せ、手足に手甲と脚絆をつけ、六文銭の入った白の頭陀袋を頭から下げます。

手に数珠を持たせ、頭に白い三角布をつけます。

Tetsukou

手甲の例

手甲の実際

手甲も旅支度に使われるものとしても知られており、死装束巡礼者や修行僧を模した衣装とされることから、旅の衣装の一部と言えます。

日よけや汗をぬぐうために使っていた、布製のものが取り入れられています。

死装束は女性の親族が手縫いで用意したり、自分で手縫いして準備することもあったそうですが、現在では多くの場合、葬儀業者が準備してくれたものを、着せてもらいます。

死装束や手甲を用いず、故人が生前愛用していた洋服や、着物を着せて納棺するケースも増えてきています。

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

注目の記事【PR】

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。