エンディングパーク

枕経

  • 読み:まくらきょう
  • 別名:

枕経の意味(枕経とは)

枕経とは、亡くなっていく人を仏弟子にして往生してもらうために、臨終を迎えつつある方の枕元で上げるお経のことです。現在は亡くなってからの読経が一般的です。

仏式の場合、亡くなったら檀那寺(菩提寺)に連絡し、枕飾りのできたところで僧侶に読経していただきます。ご遺族も同席しますが、喪服である必要はなく平服(普段着)で構いません。祭壇の必要もありません。

枕経を終えた後、葬儀の次第や戒名法名、法号)について僧侶と相談します。故人の人柄などをお伝えする場です。

枕経の実際

近年病院から自宅に帰らず、葬儀会館葬儀式場に直行するケースが増えています。

そのため枕経も省略されたり、通夜と同時に行われることもみられます。しかし枕経は近親者が、「別れ(死)」と改めて向き合う心静かな時間でもありますから、省略することなく大切にしたいものです。

関連する用語:枕飾り, 枕団子, 枕飯, 納棺, 守り刀, 頭陀袋, 死装束, 仮通夜, 手甲, 安置施設, 脚絆, 仏衣, 白足袋, 死水
タグ:仮通夜 , 葬儀・葬式 , 法事法要 , 葬儀式場 , 法名 , 戒名 , 臨終 , 病院 , 僧侶

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集