訃報

用語を保存しました

訃報の意味(訃報とは)

訃報とは「誰かが亡くなった」というお知らせのことを言います。

例えば電報や電話で親族が亡くなった知らせが届くことなどを「訃報が届いた」と言います。

また現代ではテレビやインターネットのニュースなどで「芸能人の○○さんが亡くなりました」といった速報や案内も訃報となります。

訃報では伝える内容は「亡くなった人物の名前」「通夜葬儀の日程と場所」「宗派」「喪主」「連絡先」などが伝えられます。また可能であればなぜ亡くなったか(死因)も添えると参列される方の「どうして亡くなってしまったのか・・・」という疑問に答えることがでいます。

近隣の方が亡くなった場合には回覧板で近所の方たちに訃報が回されます。

昔は自宅で通夜・葬儀を行うのが一般的でしたが、現代では会場を借りて行うことも多いため、その手配にも時間が掛かるので第一報では日程などの詳細の情報がないこともあります。

訃報の実際

一般的には、古くは電報や回覧板・新聞の訃報欄などの文書で連絡が届くことが多かった訃報ですが、その後「電話」が利用されるようになり、また有名人の場合にはメディアを通じて訃報が流されることも多く、訃報を知らせる媒体は紙媒体や文書とは限らなくなっています。

訃報はもともと「故人と親しい方達」に亡くなったことを伝えることと、通夜葬儀に参列するための案内が連絡事項として伝えられるものでしたが、取り急ぎ亡くなったことだけを連絡して、詳しいことが決まったらまた別途連絡という場合もあります。

また、広く参列者を募らない密葬(家族葬・直葬)を選択することも増えている中、訃報をどこまで伝えるのか?

訃報を伝える範囲は家族で話し合うことが大切です。

訃報を知らせる一般的な順序としては以下です。

親族近親者>特にお世話になった(親交の深かった)友人・知人>故人の知人(会社・学校関係者、町内会・自治会など)>遺族関係者

葬儀の日程が決定した後に訃報を伝える場合は、葬儀社に依頼が完了した後になるべく早く知らせると良いでしょう。

また、この際に、忘れがちなのが「檀家」「信徒」になっているお寺の僧侶、または「教会員籍」がある教会の神父牧師、「氏子」になっている神社神主といった宗教者への報告です。

特に最近は「納骨堂」や「永代供養墓」を契約した際に特定の寺院の「檀家」「信徒」になっているのに喪主や親族がよく分かっておらず納骨の際に「なぜ連絡くれなかったのか?」と僧侶から苦言を呈されてトラブルになる場合もあります。
基本的には葬儀社から「付き合いのある宗教者はいるか?」等の確認があった際にはそのあたりも確認のうえ「付き合いのある宗教者がいる・いない」を伝えましょう。その際に葬儀担当者が火葬場と式場の空き日時の候補を確認したうえで宗教者に「いつならお越しいただけるか?」を確認する段取りが多いためです。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

ランキングRanking

enな人々

もっと見る

あなたに
おすすめ記事Recommend