訃報

  • 読み:ふほう
  • 別名:

訃報の意味(訃報とは)

訃報とは「誰かが亡くなった」というお知らせのことを言います。

例えば電報や電話で親族が亡くなった知らせが届くことなどを「訃報が届いた」と言います。

また現代ではテレビやインターネットのニュースなどで「芸能人の○○さんが亡くなりました」といった速報や案内も訃報となります。

訃報では「亡くなった人物の名前」「通夜葬儀の日程と場所」「宗派」「喪主」などが伝えられます。近隣の方が亡くなった場合には回覧板で近所の方たちに訃報が回されます。

訃報の実際

一般的には、古くは電報や回覧板・新聞の訃報欄などの文書で連絡が届くことが多かった訃報ですが、その後「電話」が利用されるようになり、また有名人の場合にはメディアを通じて訃報が流されることも多く、その媒体は紙媒体や文書とは限らなくなっています。

訃報はもともと「故人と親しい方達」に亡くなったことを伝えることと、通夜葬儀に参列するための案内が連絡事項として伝えられるものでしたが、取り急ぎ亡くなったことだけを連絡して、詳しいことが決まったらまた別途連絡という場合もあります。

昔は自宅で通夜・葬儀を行うのが一般的でしたが、現代では会場を借りて行うことも多いため、その手配にも時間が掛かるので第一報では日程などの詳細の情報がないこともあります。

訃報に関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。