エンディングパーク

信士

  • 読み:しんじ、しんし
  • 別名:優婆塞、清信士

信士の意味(信士とは)

信士とは男性の戒名の最後につく語で、女性でいう信女にあたります。

信士はもっとも一般的な戒名とも言われ、位階の中では下の位になりますが、寺院によっては、ほとんどの戒名が、この信士、信女であるケースも少なくありません。

信士は、サンスクリット語のupasakaを音写した優婆塞から来ていると言われています。優婆塞は、仕える、敬う、礼拝するという意味の言葉です。

信士の実際

信士は、位号と言われる戒名の最後につく文字になります。男性は信士、女性は信女となって、仏教徒の階級を表す言葉です。

江戸時代には、下級武士に付けられていた戒名といわれ、一般庶民には、善男、善女という戒名がつかわれていたといいます。

信士には、仏教に帰依した信者であるという意味があるといいます。

一般に、浄土宗真言宗臨済宗天台宗曹洞宗日蓮宗において、信士、信女の位号が使われます。

関連する用語:居士, 大姉, 信女, 院信士, 戒名, 法名
タグ:仏教 , 仏教徒 , 戒名 , 江戸時代

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集