日蓮宗

  • 読み:にちれんしゅう
  • 別名:日蓮法華宗

日蓮宗の意味(日蓮宗とは)

日蓮宗とは、鎌倉時代に日蓮によって始まった仏教の一派です。

妙法蓮華経を唱えるので、日蓮法華宗とも言われています。

日本人の宗祖の名前が宗派名になっているのは、日蓮の日蓮宗のみです。

南無妙法蓮華経の七文字は、本仏の声そのものという考え方です。

日蓮入滅の日のお祭りは、お会式(おえしき)と呼ばれています。池上本門寺(東京)の10月12日のお会式での万灯行列が有名です。

日蓮宗の実際

日蓮宗の仏壇では、中央の本尊には、日蓮聖人や、三宝尊のいずれかを祀ることが多く、右に鬼子母神、左に釈迦牟尼仏や大黒天を祀ります。

また、日蓮が写した御曼荼羅を本尊とするという寺院もあります。鎌倉比企ヶ谷・妙本寺に奉安されている「臨滅度時のご本尊」を推薦する寺院もあるので、仏具店でそろえるよりは、菩提寺の住職が書き写したものを祀るのが正式とも言われています。

葬儀では、引導がありません。また、戒名と言わずに法号と言います。三角巾や六文銭死装束も用いない考え方もあります。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集