勤行集

  • 読み:ごんぎょうしゅう
  • 別名:

勤行集の意味(勤行集とは)

勤行集とは、朝夕に読経を行う際に手元に置く、日常のお勤め用のお経本です。

抜粋になっていて、読経しやすくなっています。じゃばらの製本になっているものを選ぶと、ページも追いやすいです。

宗旨宗派によって、日常の勤行に読むお経もさまざまですから、勤行集もそれぞれのものを使います。小冊子になっているものが一般的です。

仏壇の前に経机を置き、勤行集を準備しておくようにします。

勤行集の実際

小冊子とセットで、カセットやCDになっているものも人気があります。

仏壇の横でこうした音声を流して、それにあわせて読経を行ったり、読経を聞きながらお経を覚えるのに使われます。最近では、DVDにお経がテロップで流れるものや、スマートフォンのアプリになっているものもあります。耳で聞いて目で見て、勤行集の小冊子を読みながら記憶していくと、早く覚えることができるので便利です。

毎日のお勤めに、自分なりに使いやすい勤行集を探してとりいれていくことで、身近に教えを感じることができるようになります。

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。